Welcome to Final Comin' Record on Line Shop
ファイナル・カミン・レコーズ・オン・ライン・ショップへようこそ。購入希望のレコードがありましたらメールでオーダー下さい。
--- catz ---
Blondes have more fun / Rod Stewart 880.-(NM-/NM-)
シューガ、シューガ、ンーン・・・・ロックかと思いきやディスコにも使えます。六本木キサナドゥーのDJ アトムも選んでました。なんたって、ドラムはカーマイン・アピス、それは踊れます。ピッチを 2.2 上げてスタート。
The Yellow (MEGAMIX) SOLD
1989年盤、両面同じカットのイェロ・メガ・ミックス、片面12分55秒の12インチ・シングル。'80年代前半の曲を中心にミックスしてある優れもの。YELLoは当時ROXYでライブをおこなったが見逃した。しかし、あの伝説のクラブ、PALLADIUMの「こけら落とし」アライヤのファッションショーで御対面、客席の最前列にはアンディ・ウォーホール・・・と、いい感じでした。
WAITING / Fun Boy Three 予約済み(VG+/VG-)
当時、ニューヨークのリッツで演った FB3 のコンサートは木曜の夜だったのを憶えている。うかつにも同じ夜、俺は New Order のライブに行こうとしていたのである。しかし途中で友だちに合い、話を聞いて行き先をリッツに変えた事が幸いした。そのライブは未だに体験したライブのベスト 3 に入る。その後、そのライブを最後に彼等が解散したのを知った。83 年リリースの US 盤。UK 盤とは曲順が入れ替えてあって、「Our Lips Are Sealed」が最初になっています。
Rocky Horror Picture Show 2,080.-(VG+/VG-)
今さら説明は不要。ティム・カーリー、スーザン・サランドン、ミート・ローフ、etc. 出演の映画版サントラ。サントラを侮ってはいけません、なんたって映画は総合芸術。しかし、新聞紙と米と水鉄砲もって、あのバカバカしさが良かったね。劇場へ観に行った映画で一番回数が多いのは未だにこれなんだな。
Breakfast At Tiffany's / Henry Mancini 予約済み(VG+/VG+)
ラウンジ・ダンス・ミュージックの基本。ヘンリー・マンシーニの代表作の一つ。映画もとっても有名ですが、サントラはそれ以上に秀作です。いまさら何も言う事はありません。ラテン大好き、ダンス大好き。cha cha cha!
MONDO NEW YORK 3,080.-(VG+/VG-)
'88年の映画 Mondo New York のオリジナル・サントラ版。映画を見た人は少ないと思うが、当時のニューヨークをリアルにグロテスクに表現したドキュメンタリー・タッチのフィルムだ。A面はラテン・ミュージシャンのジョニー・パチェコのノリノリ5曲の曲間にリック・エイヴィルズのワシントン・スクエア・パークでのトーク・ショウが録音されている。B面にいくと当時のNYアンダーグラウンドたちのコンピレーションになる。B-1のマリリン・モンローは聞く度に裏声で叫んでしまう名曲。B-2 "Fuck you" とシャウトしている Dean Johnson はアフター・アワー・クラブ、「Save The Robots」のドア・マン。ウィーニーズのペギーは最高にキュートで、ここに書ききれないくらい貴重なレコードです。
TRAMPLED UNDERFOOT / LED ZEPPELIN SOLD
1975年後期の大傑作アルバム「フィジカル・グラフティ」発売直後のテキサス州、ダラスでのライブ・ブート。クリア・ヴィニール二枚組。音質もよく、当時のツェッペリンの演奏が甦ります。ジョン・ボーナムのドラムスはライブのド迫力!収録曲、ROCK AND ROLL, SICK AGAIN, OVER THE HILLS AND FAR AWAY, IN MY TIME OF DYING, THE SONG REMAINS THE SAME, THE RAIN SONG, KASHMIR, NO QUARTER, TRAMPLED UNDERFOOT, MOBY DICK。
CHICO THE MASTER / CHICO HAMILTON 4,080.- (C/VG+)
Stax から出した Chico のアルバムはこのスタジオ盤と翌 '74 年のモントルー・ジャズ・フェスのライブ盤の二枚だけ。ジャズ・ファンクの大傑作盤。「CONQUISTADORES '74」収録。q~j~p
Je T' Aime / Jane Birkin and Serge Gainsbourg 11,800.-(VG+/VG-)
当時、アメリカではほとんど無名だった二人。カットアウト無しのレアもの。J.バーキンには一度だけ五反田でのコンサートの後に会った事がある。初対面でも頬にキスをしてくれるのはフランス人の習慣だが、彼女も母親のようにやさしいキスをしてくれたのは忘れられない。ジュテーム。
    *今回、十七年ぶりに NYC へ戻ったときのコラムはこちらです。
 
マニュアルを読む / メールオーダーする / SOLD RECORDS